夏の晴れた日に子供が公園で1時間遊んだときの紫外線量 | 子供の日焼け止め、紫外線対策に「キッズ&マミー」がおすすめ!


敏感肌の子供の肌はとっても心配ですよね?
子供の肌にあわせて開発された、子供のための日焼け止め、
紫外線対策に「キッズ&マミー」はとてもおすすめです!

夏の晴れた日に子供が公園で1時間遊んだときの紫外線量

夏の晴れた日に子供が公園で1時間遊んだときの紫外線量は、いったいどのぐらいなのか気になる方も多いでしょう。

昔と違い、今は1年を通して紫外線には気をつけなくてはいけません。そうは言っても、やはり紫外線量が一番多くなるのは夏です。紫外線量は快晴時が100%だとしたら、晴れは90%以上、薄曇りは80%、曇り60%、雨でも30%程度となっています。つまり、ちょっと曇っているぐらいなら、紫外線量は60%を超えるので、夏はとにかく紫外線に気をつけましょう。夏の紫外線量は、冬の約2倍とも言われています。だから、ちょっとゴミだしや洗濯物干しをするだけでも、紫外線によるダメージを受けてしまうのです。ということは、公園などで子供が1時間も太陽に照らされて遊んだりしたら、相当な紫外線量を浴びてしまうということになりますね。

正確な数値は、その日の天候、場所によって違うので一概には言えません。ただ、1日のうちで紫外線量が飛び抜けて高くなるのは、10時から12時にかけてです。ですから、夏の晴れた日のお昼前には、出来るだけ外遊びは控えるのが理想的です。

もし、どうしても公園などで遊ばせたい場合には、きちんと紫外線対策をしましょう。その際、長袖を着る、帽子をかぶるなどもいいですが、やっぱり日焼け止めを塗るのが一番です。紫外線は量も問題ですが、地面などに反射するので、360度カバーする必要があります。より広い範囲を紫外線から守るには、日焼け止めクリームなどを利用してください。いずれにしても、晴れであっても曇りであっても、昼間の紫外線量はとても多いので気をつけましょう。

日焼け止めクリーム
日焼けの危険性
子供の日焼け事情
子供の日焼け止めクリームは毎日塗るべき? イメージ
New!
日焼け止めクリーム
毎日塗るのもかぶれそうで心配
でも紫外線も怖いし…

海と山の紫外線の強さの違い イメージ
PicKup
子供を強い紫外線の害から
守るために知っておきたい
海と山の紫外線の強さ違い

知人の子供の日焼け止め事情口コミを聞いてみた イメージ
Point
子供の日焼け止めについても
身近な周辺での実際の事情は
やっぱり気になりますよね?