子供が日焼けをしすぎる危険性 | 子供の日焼け止め、紫外線対策に「キッズ&マミー」がおすすめ!


敏感肌の子供の肌はとっても心配ですよね?
子供の肌にあわせて開発された、子供のための日焼け止め、
紫外線対策に「キッズ&マミー」はとてもおすすめです!

子供が日焼けをしすぎる危険性

子供が日焼けをしすぎる危険性は、母親なら絶対に知っておかなくてはいけないことです。子供の肌は弱い、ということは分かっていても、回復力が早いために日焼けのダメージを意識しない方が多いようです。よっぽど敏感肌やアレルギー体質じゃない限り、子供は日焼けをしても、肌トラブルは起こしません。逆に、綺麗な小麦色の肌になって、健康的に見えてしまうこともあるでしょう。だけど、いくら見た目的に問題はなくても、日焼けをしすぎると大きな悪影響を与えてしまっているのです。

紫外線の影響と言うのは、10代後半までに浴びた量によって変わってきます。つまり、子供のころに浴びた紫外線の量によって、大人になってからの肌の状態が違ってくるのです。子供のころにたくさん日焼けをすると、それだけ紫外線が肌に蓄積されます。そして、大人になると、その蓄積された紫外線の影響が出始めるのですね。

紫外線による症状は、何も肌が黒くなるということだけではありません。肌細胞が破壊されたり、免疫系を傷つけることがあるため、皮膚がんになるリスクが高くなります。ですから、子供が日焼けをしすぎると、その時は何でもなくても、大人になってから皮膚がんを発症するかもしれないのです。しかも、日焼けをしすぎている場合、若いうちに皮膚がんになる確率が高くなります。がんは、若ければ若いほど症状が早く進行し、さらに転移の可能性も高くなってしまいます。つまり、皮膚がんだけではなく、他のがんが発症する危険性もあるのです。だからこそ、子供の日焼けしすぎには注意しなくてはいけないのですね。

日焼け止めクリーム
日焼けの危険性
子供の日焼け事情
子供の日焼け止めクリームは毎日塗るべき? イメージ
New!
日焼け止めクリーム
毎日塗るのもかぶれそうで心配
でも紫外線も怖いし…

海と山の紫外線の強さの違い イメージ
PicKup
子供を強い紫外線の害から
守るために知っておきたい
海と山の紫外線の強さ違い

知人の子供の日焼け止め事情口コミを聞いてみた イメージ
Point
子供の日焼け止めについても
身近な周辺での実際の事情は
やっぱり気になりますよね?